温泉マナー

温泉は他のお客さんと一緒に入るので、「温泉でのルール、マナー」を守ることが大切です。
 せっかくの温泉旅行を最後まで楽しく過ごすためにも、必要最低限のマナーはしっかり把握しておきましょう♪
  入浴時のマナーはごくごく常識的なことですので、何度か温泉旅行に出掛ければ自然と身に付きます。

おんせん回遊 > 温泉コラム > 温泉でのマナー

温泉はみんなで利用するもの

温泉に入る場合には、最低限のマナーを守って、周りに迷惑を掛けないように気をつけることが大切です。

自分の家のお風呂との違いは、温泉は「みんなで利用するもの」ということでしょう。

最低限のマナーといっても、特別に難しいことはありません。 常識なマナーばかりなので、その点に注意すれば、気持ちの良い入浴ができると思います。

これだけは覚えておきたいマナー

温泉に入る際に覚えておきたいマナーとして挙げられるのが、入浴前に十分に掛け湯をおこなって体を洗い流すこと、 そして湯船に浸かる場合には、持参したタオルや手拭いを湯船に入れないようにするということです。

どちらにも共通していえることは、やはり衛生面です。

旅行中も汗をかいたり、トイレにも行くと思いますが、そんな状態で体を洗わずに湯船に浸かることを考えれば、 立場を変えて考えてみれば、決していい気分はしないと思います。

次に脱衣所。脱衣所にはいくつかのパターンがあると思うのですが、ホテルなどの大きな温泉では、 温泉から脱衣所へ入るところに足拭きマットがあり、脱衣所の床もぬれず、比較的キレイになっていますが、 脱衣所を極力ぬらさないように、脱衣所に入る前には、体をある程度タオルで拭いてから脱衣所に移動しましょう。

体を完璧に拭き上げる必要はありませんが、ボタボタと水が滴り落ちるような状態で、脱衣所を歩くのはマナー違反です。 脱衣所をぬらさぬような配慮をしてから、脱衣所に移動するようにしましょう。

ホテルと違い、外風呂や温泉街にある共有温泉などは、スノコのところも多いと思います。 こちらはホテルと違いぬれていることも多いですね。 でも、基本はホテルなどの脱衣所と同じです。スノコをぬらさないように、ぬれた体はある程度拭いてから、スノコに上がるようにしてください。 なお、やる方は殆どいないと思いますが、スノコの上でタオルを絞るような行為は絶対にしないで下さい。完全なマナー違反です。

他にも湯船に飛び込まないなどのマナーもありますが、「他人が嫌がる事はしない」「自分がされて嫌なことはしない」 ということに気をつければ、常識的なマナーは自然と身についてきます。

一人で使うものではない、「みんなで使うもの」このことを意識して温泉を利用すれば、マナー違反をすることはないので、 深く意識せずに温泉を楽しんでください。

Copyright © おんせん回遊
定期的にエネルギー補給